読売育英奨学会の奨学金制度

読売育英奨学会は、新聞業界で1番最初に読売新聞東京本社が開始した奨学金制度であり、2019年度で第55期生となる約80,000人が利用して来た信頼性抜群の制度です。

読売育英奨学会は、入学金や授業料及び施設利用など学費を年間130万円まで立て替えて支払う制度であり、最大4年間で520万円を支給すると共に選択コースによっては全額返済免除となっています。

業務は、朝刊・夕刊の配達業務及び購読料金の集金業務などを約4.5時間?6.0時間程度の作業であり、2018年4月実績で124,566円?173.040円の月額給与と年2回3万円以上の賞与が支給されています。

休日は、基本的には4週6日であり、勤務半年経過後に労働基準法に基づく年間10日間の有給が支給される勤務シフトです。

保険に関しては、1日あたり6時間労働のAコースの場合には社会保険tp労働災害保険及び自転車・バイク保険に加入していますが、BコースとCコースの場合には国民健康保険と国民年金へ個人加入となります。

住まいは、読売新聞販売所店舗内もしくは読売育英奨学会が用意したアパートなどのエアコン付き完全個室となっており、水道や電気などの基本料金は読売育英奨学会が負担してくれるので使用した分だけの支払いで済みます。

また、大学や各種専門学校などの通学費用のうち3,500円を超える分に関しては読売育英奨学会が負担してくれ、年間2回の集団健康診断も実施しています。





このページの先頭へ