独立行政法人日本学生支援機構の奨学金

奨学金の中で一番ポピュラーなのが日本学生支援機構の奨学金です。

日本学生支援機構はJASSOとも呼ばれています。

日本学生支援機構の奨学金には返済不要の給付型と返済が必要な貸与型があります

給付型では住民税非課税世帯か生活保護世帯、もしくは児童養護施設など社会的擁護が必要な人が対象となり、それでいて成績が一定のラインを超えているという場合に給付される奨学金です。

支給金額は月額2万円から4万円程度で、自宅通学や自宅外通学で変わり、自宅外通学だと月額1万円増える形になります。

例えば私立大学を例に出してみると、自宅通学では月額3万円、自宅外通学だと4万円が給付されます。

現在給付型奨学金を手にしているのはだいたい2万人程度で、その多くは大学生です。

専門学校に通っている人が受給しているケースも多く、手に職をつけて親を楽にさせたいという一心で努力をし続けている人が多いことがよくわかります。

貸与型の場合は利息がないタイプと付くタイプの2つがあります。

それぞれに収入の目安があり、その目安を下回る世帯が対象となる一方、成績などで判断されます。

学校の評定平均が一定の数値を超えないと認められないケースがあり、それに加えて校長の推薦が必要など乗り越えるべきハードルは意外と多くあります。

母子家庭だから優遇されるようなことはこの奨学金においてはありません。

一般的な奨学金の中では、受給するのに様々な制約がある奨学金です。





このページの先頭へ