日本教育公務員弘済会の奨学金

公益財団法人日本教育公務員弘済会は、昭和24年に静岡県で教職員のための弘済貯蓄組合として設立された経緯を有する公益財団法人であり、現在では有為の学生・生徒に対する奨学資金の貸与及び給付や教育一般の特に有益なる研究に対する助成などを主な事業としています。

貸与型奨学金と給付型奨学金は1年あたり25万円で、休学や留年など就学期間を延長する事無く最短の休学期間に対して総額100万円を貸与する制度です。

さらに入学金の支払いなどのために最大50万円を給付する制度もあります。

貸与型の制度は国公私立大学や短期大学及び高等専門学校に在学し学資金の支払いが困難と認められる学生に貸与されます。

貸与型の申請は、親権者の在住する都道府県支部長の推薦を受ける必要があり、必要な書類を支部教弘奨学金担当窓口に提出して申請する必要があります。

返済方法は、年間貸与額が100万円の借用者の場合には卒業及び退学の次の年の12月から7年以内に年賦形式で全額返済しますが、年間貸与額が100万円以下の借用者の場合には5年以内に年賦形式で全額返済する返済方法が原則です。

返済時に滞納した場合には滞納手数料を支払わなければなりません。

平成26年12月31日まで滞納手数料利率が半年5%でしたが、平成27年1月1日から滞納手数料利率が2.5%に引き下げられています。

給付型の制度は高等学校や高等専門学校などに在学する就学意欲がある学資金の支払いが困難な生徒に給付される制度です。

給付型は、在学する学校長の推薦と必要書類を各支部の奨学金担当窓口に提出する必要があり、奨学生ないし親権者名義の金融機関口座へ振り込みが行われる奨学金制度です。





このページの先頭へ