母子家庭向けの求人情報





シングルマザーの就職支援としては、例えば自立支援教育訓練給付金事業があります。近年の母子家庭およびシングルマザーの傾向としては、若い年齢でシングルマザーになる方が増えていることがあります。若いうちでの離婚、あるいはそもそも結婚をしないまま子を育てるといった方が増えているからです。この傾向のために、シングルマザーは就業経験が少なく、職場がなかなか見つからないといった問題を抱えています。そのために、パートやアルバイトはできても、安定した仕事で固定収入を得るのが難しくなっています。

自立支援教育訓練給付金事業については、資格や技能の習得のためにかかる費用を、厚生労働省や自治体が支援するものです。子育てと家事をする中で時間もお金もないという状況を踏まえての支援制度です。自治体ごとに講座が開かれており、具体的な例をあげればパソコン検定、英語技能検定、調理師免許、看護師資格などがあります。自治体によって講座の開講や支援対象となる資格も変わってくるので、まずは確認しておきましょう。

他にも、高等技能訓練促進費等事業があります。こちらは、母子家庭の母親について、養成機関などで就業している間の学費や生活費の負担を軽くすることを目的とした、国の支援制度です。正社員の就業を目指しつつ育児をしている、児童扶養手当受給者が対象となっています。具体的な資格としては、看護師、介護福祉、保育士、理学療法士、作業療法士など、医療に関するものが多いです。手続きについては、地方自治体の窓口で行ってください。

今すぐお金が欲しい/滞納を避けたい 母子家庭で借金を少なくしたい 家やマンションを高く売りたい
シングルマザーのイベントに出かけましょう
母子手当てがあっても、生活するためにはお母様が働かないといけません。お子さんのことが気にかかるけれど、なかなか時間が無いという方も多いようです。お時間が取れましたら自治体が生活支援の一環として行う母... 記事の続きはこちら
お母さんが優先です
母子手当てや自治体及び民間の生活支援を受ける皆様に、覚えて置いていただきたいことがございます。それは、お子さんのことよりもまず、お母様が楽になる援助や手当てを受けるようにすることです。 良く飛行機内... 記事の続きはこちら
シングルマザーの生活支援の情報を集める
母子家庭ならではの悩みがある。母子手当てや生活支援他の人はどういう風に受け取っているのだろうと思った事はお有りではありませんか。でも、みただけでシングルマザーとわかる人はいませんよね。分かってもまさ... 記事の続きはこちら


このページの先頭へ