持ち家の値段がわかる



家やマンションを高く売るには、どの不動産業者へ仲介を依頼するか高く売れそうな時期に合わせて売却できるかどうか、そして、買い手が買いやすい情報がそろっているか、など色々なポイントがあります。

不動産業者によって取り扱う客層や物件のタイプ、地域やエリアなども異なります。できるだけ自分の不動産に興味や関心を持ってくれる客層に多く紹介してくれるような不動産業者を選んだほうが、スピーディに売却できる可能性はアップするので、必ず複数の不動産業者を比較しながら、自分のニーズや条件にピッタリの仲介会社を選びましょう

担当者のスキルによってもどのぐらいの価格で売却できるかが異なりますから、納得できる仲介会社を見つけることは、とても大切です。

また、家やマンションを高く売るには、時期に余裕をもって売り出すことも大切です。

今月中に何とか売りたいと焦ってしまうと、買い手に足元を見られて安く買いたたかれてしまうことにもなりかねません。できれば売却したいなと考えている時期の半年ぐらい前から準備を始め、期間には余裕を持った方が良いでしょう。

家やマンションを高く売るには、自分がその不動産を購入した時に受け取ったパンフレットや間取り図、重要事項が記載されている書類や契約書など、買い手にとっては参考にできる書類がそろっていることも大切です。その為には、固定資産税の納付書などもきちんと保管しておいた方が良いでしょう。

家やマンションを売る際の仲介会社の選び方は、簡単そうで難しいもの。同じ不動産でも、時期によって市場価格などが上下するので、できるだけ高値で不動産を手放すためには、そうしたマーケットの変動なども熟知している仲介会社を選んだほうが良いでしょう。

仲介会社には、分譲会社系列や、全国規模で取り扱っている大手財閥系の業社、そして個人のマンションや一戸建てのみを取り扱う業者、また、ローカルなエリアのみを取り扱っている業者など、特徴もさまざまです。

一戸建てやマンションなどの不動産を購入する場合、キャッシュ一括で購入するというケースはかなり稀で、ほとんどの場合には住宅ローンがたっぷり残っているケースが圧倒的に多いです。その場合には、不動産を売却した際に住宅ローンが完済できるのかどうかなどの説明もしてくれる仲介会社を選んだほうが安心です。プロの査定を受けて市場価格が分かっても、その価格で不動産を売却できるというわけではありません。万が一、売却しても住宅ローンが完済できずに損失が出てしまう場合には、賃貸に出したりするというオプションにも対応してもらえるような仲介会社を選ぶのもおすすめです。

不動産を売る際の仲介会社の選び方は、その人のニーズや希望に合わせて選ぶことが大切。どんなにスピーディに売却できる場合でも、不動産を売りに出してから契約できるまでには少なくても2か月~3か月ぐらいの期間がかかるので、時間に余裕をもって仲介会社を選び、不動産を売りに出せるように準備しましょう。


今すぐお金が欲しい/滞納を避けたい 母子家庭で借金を少なくしたい 家やマンションを高く売りたい
賃貸マンションに住みたい
家賃はいくらくらい? ツイート ... 記事の続きはこちら


このページの先頭へ