住宅ローンの返済がきつい方が必ずしておくべきあることとは?

住宅ローンを滞納するとどうなる?

住宅ローンが払えなくなる理由はイロイロです。

しかも「給料が下がった」とか「親の介護」とか「離婚」とか予期せぬ事態で追い込まれてしまうケースも多々あります

「こんなはずじゃなかった!」と思う方も実は多いです。

では、住宅ローンを滞納するとどうなるか?

住宅ローンの返済が遅れると、最初に電話や郵便物で支払いの督促が行われます

この段階で支払ってしまえば大きな問題にはなりません。

問題なのは、返済する余裕がない場合です。

金融機関に相談することもできますが、返済自体を免除してくれることはありません。

毎月の返済額を減額してくれることはありますが、その分返済期間は延長されてしまいます。

「果たして、この先、住宅ローンを最後まで払いきれるだろうか?」

ここで自問自答することが大切なのですが、多くの方は目先の返済に追われて、将来を考える余裕などありません。

その結果として「滞納する→なんとか返済する→しばらくしてまた滞納する→なんとか返済する」を繰り返すことになります。

そして、たった数カ月の滞納をした時に、事態は急変します。

銀行や金融機関は一気にローンの回収さらには競売へとシフトチェンジしてきます。

本当にあっという間に競売にかけられます。

競売にかけられると、ふつうに家を売るよりも大幅に安く売られてしまいます。

そうならないためにも、できれば滞納する前の段階で対策を打っておくことが重要です。

競売の恐怖!ヤバい事態になる前に必ずしておくべきあることとは?

住宅ローンの返済が厳しくなったときの選択肢は2つです。

1.今の状態で返済を続ける
2.返済をあきらめて家やマンションを売却してお金にする

シンプルですが、答えはなかなか出せません。

ほとんどの方は「売りたくないが、返済も難しい」という状態です。

でも大丈夫。

結論を出す前にできることがあります。

それは「自分の家やマンションがいくらで売れるかを事前に知っておくこと」です。

自分の家を売るといくらもらえるかがわかると、返済を続けるべきか売却してしまうべきかの判断をしやすくなります。

地域にもよりますが、不動産価値は年々下落します。

ただ、買った時よりも価値が上がるというラッキーな事もレアケースですがあります。

まずは、自分の家やマンションがいくらで売れるかを調べてみましょう。

こちらで不動産の住所を入力するといくらで売れるかがスグわかります。

不動産の価値がわかると「苦労して住宅ローンを支払うべきか」「売却すべきか」の判断が、よりシビアな視点でできるようになります。

将来、住宅ローンを支払い終えた時には不動産価値がほとんどなくなってしまうといったこともあります。

逆に、不動産の価値がローンの残高を上回っている場合は、売却することで臨時収入を得ることが出来ます。

さらに、ほとんどのケースで自分で売った方が競売で売られてしまうよりも高く売れるという現実があります。

不動産の価値がローンの残高を下回っている場合でも、競売よりは高く売れます。

「家やマンションの現在の価値を調べること」で今後の明確な判断材料になります。

何となくの想像で判断しようとしても悩みからは抜け出せません。

いくらで売れるかを知ることで、自分がどうすべきかの判断がしやすくなります。

こちらで不動産の住所を入力するといくらで売れるかがスグわかります。


今は住宅ローンの支払いがきついが、この先、仕事や金策が順調に行く見込みがある場合は、一時的にカードローンやキャッシングを利用して乗り切るのもありです。ローンを滞納すると多くの場合15%程度の延滞利息が上乗せされますので、低い金利で借りれるキャッシング会社で借りて返済したほうが得な場合も少なくありません。カードローンの中には一定期間無利息で借りれるところもあるので検討してみてください。

もし、この先ローンを返済し続けられる見込みがない場合は、売却してしまうことも選択肢の一つです。ぎりぎりまでねばって、返済不能になった場合は家は競売にかけられて安く買い叩かれてしまいますので、ローンの残債が残ることも珍しくありません。自分で売却したほうが高く売れますし、早く売れば家の価値も高くなり、期間的にも余裕を持って買い手を探せます。まずは、自分の不動産がだいたいいくらで売れるかを調べて検討してみることも必要です。


このページの先頭へ