ブランクは看護師転職に不利?

看護師をしていて結婚をして子供ができたから、看護師を辞めたという人もいるかもしれません。子供が小学校に行く頃になって、また看護師として働きたいと思う場合もあるでしょう。そのようなブランクは、看護師転職に不利なのでしょうか?まず元々働いていた病院でどれくらいの期間働いていたかということが、看護師転職では重要になります。最低でも3年は働いていた方が有利になるでしょう。働いている期間が3年未満だと、次の病院でも早く辞められてしまうかもしれないと考えられてしまうことが多いからです。なるべくであれば、一人の人に長く働いてもらいたいと思うのが、病院側だと思います。

3年以上働いていて、子供が生まれたから辞めたというブランクは決して不利にはなりません。ちゃんとした理由もあり、3年以上働けるのであれば、病院側も経験者は優遇してくれるかと思います。なので、ブランクがあるからもう看護師として働けないかなと諦めず、経験した実績があるのであればまた看護師として働いてみるのもよいでしょう。

ただ、若い頃に比べて体力がなくなっているかも知れないことや、医療技術が進歩して現役当初とは事情がかわっているなど様々あるかもしれません。ですので最初は短時間、日中だけとできるなら働かせてもらうことも大切でしょう。いきなりフルタイムで働くというのは、ブランクがあるため難しいかもしれません。少しずつまた看護師として働くことに慣れていけば良いでしょう。



このページの先頭へ