正看護師

正看護師という言葉自体はいろいろなものを指すことが有るのですが、基本的には准看護師と比較しての正看護師という表現が多いようです。
看護師、もしくは正看護師は基本的に看護学校や看護学部にて規定カリキュラムを修了した後、看護師国家試験に合格することで資格を取得することができます。これに対し准看護師はカリキュラム内容が少し短く、かつ資格試験も都道府県所轄の試験となり、都道府県知事認定資格という区分になります。かつて看護師が著しく不足した時期に、看護業務を行える人材を素早く世に送り出すために設置されたのが准看護師であり、位置づけとしては看護師の簡易版というものになります。
実際の業務内容は看護師とまず変わりません。資格によって保証される業務範囲も准看護師のほうが若干狭いことが伺えるようになっていますが、では具体的にどう違うのかは判然としません。ですので、現実の職場において准看護師と正看護師でやっている仕事が著しく違うということは有りません。
一方で、給与などの待遇面では正看護師と准看護師で明らかな差があります。このこともあって、准看護師の多くが看護師として仕事しながらでも勉強して、正看護師資格の取得に挑戦している例が多いようです。准看護師で実務経験もある場合、通信教授を中心に単位を取得して正看護師資格試験の受験資格を得ることもできますので、働きながらでも資格取得を目指すことは充分に可能だと言えます。



このページの先頭へ