日勤だけの勤務条件

看護師の仕事が日勤だけなら、その負担は大きく軽減されます。日勤のみで働こうと思えば、やはり単純に言って日中のみ営業している医院などを探すのが良いでしょう。特に、治療行為ではなく美容整形やレーシックといった部分をメインにしているクリニックであれば、急患が飛び込んでくるとか、夜中に呼び出されるといったイレギュラーが全く発生しなくなります。業務的にも容態が急変することもある患者を相手にする病棟に比べれば、圧倒的にイレギュラーな処理・対応が少なくなりますので、勤務時間終了後に予定外の残業などが発生することも有りません。確実に勤務時間までで帰れるでしょう。
ただ、こうした日勤のみのお仕事ができる職場というのは、夜勤も含めた勤務に比べてどうしても給与面では下がります。というか、看護師の給与において夜勤に発生する「夜勤手当」が与える影響が大きいといったほうが良いでしょう。しかし、不健康な生活を強いられてまで拘る部分かといえば疑問も残ります。最終的には自らの経済状況や体質、体力などから総合的に考える必要がありますが、看護師を長く続けることを考えるのなら、日勤のみの職場でゆったり働くというのも十分以上に魅力的な選択肢だといえるでしょう。
また、別の選択肢としては、派遣看護師などで日勤のみ働く条件で勤務する方法もあります。医療現場の最前線で働きながらも、あくまで日勤のみが良いという場合は、こちらの選択肢が有力でしょう。



このページの先頭へ