履歴書で差をつける方法

看護師に限ったことではありませんが、転職には履歴書が不可欠です。履歴書次第で採用が決まってくると言っても過言ではありません。看護師の場合、資格を持っていることが大前提となります。また、履歴書には何でも沢山書いた方が良いのかと思い細かい字で沢山書く人がいますが、読む側になって考えてみると、沢山小さい字で書かれているよりも大きな字で要点だけ書かれたものの方が好印象になります。沢山書きたい気持ちは分かりますが、大切な部分だけ書くようにした方が良いでしょう。

また、資格は看護師に転職する際に重要でない資格、つまり英検や漢検などもあるかもしれませんが、持っている資格はできるだけ詳細に書くようにしましょう。資格を持っていることによって、頑張って勉強ができ目的達成できる人なのだな、と好印象を持ってもらうことができます。なので、資格だけは持っているものすべててを書くようにすると、ライバルにも差をつけることができるはずです。

あまり資格を持っていない人は、特技や趣味などに力を入れて書くようにしましょう。また、自分独自の何かがあるのであればアピールするようにしましょう。他とは違うということが大事になってきます。そして最後に、一番大事なのはできるだけ丁寧に書くようにすることです。字がうまい下手に関わらず、丁寧に書こうとしているかというのは字を見ればわかるものです。たとえあまり上手とは言えない字だとしても、一生懸命丁寧に書こうとしたことが伝わればよいのです。



このページの先頭へ