就学援助制度の手続き方法

就学援助制度は、市内の公立小中学校に通う、児童や保護者の教育費を支援する制度です。学校で生活を送る際に必要になる学用品や会費、修学旅行費及び給食費等の費用を一部支給することで、児童がより充実した学校生活を送ることを目的としています。児童を支援する品目には、学用品や通学費、通学用品費がありますが、児童の保護者が参加するPTA会費などの支援も受けることができます。

就学援助制度の手続き方法は、各自治体によって異なりますが、基本的には以下の手続き方法で申請をします。まず申請書の提出を行います。申請書は毎年新学期になると学校で配布されます。また、各自治体のホームページからダウンロードすることもできます。書類に記入・押印のうえ、市役所窓口や市民プラザに提出します。満額支給の提出期間は4月1日~4月末までの開庁日となっています。一部支給の場合は随時受け付けていますが、申請月によって減額したり、支給されない費目があったりすることがありますので事前に確認をとっておきましょう。

基本的には申請書と通帳、印鑑があれば申請できますが、児童扶養手当を受給しているご家庭は、児童扶養手当証書の写しが必要です。そしてその他の経済的な理由の場合は、昨年の収入証明ができる源泉徴収票、確定申告書、市都民税申告書いずれかの写しを添付してください。写しは世帯で収入がある方全員分必要です。家族構成や年齢によって所得制限限度額があるため、詳しくは各自治体の窓口に相談してみることがおすすめです。

このエントリーをはてなブックマークに追加


このページの先頭へ