今すぐお金が欲しい/滞納を避けたい 母子家庭で借金を少なくしたい 家やマンションを高く売りたい

元夫が養育費を払わないときの対応

養育費は親の権利ではなく、子どもの権利であることを忘れてはいけません。離婚をしたから、一緒に住んでいないからといっても、親の責任として子どもに経済的不利益があってはならないのです。そのため、元夫が養育費を払わないときの対応をしっかり知っておき、子どもが成長するまでは元夫にもしっかり支援をしてもらいましょう。因みに厚生労働省の調べによると、離婚後に養育費をもらっている母子家庭はわずか19.1%しかないことが分っています。はじめは相応の振込をしても、日が経つにつれ、養育費が支払われなくなるケースが多いようです。

もし離婚後養育費が支払われない場合は、「差し押さえ」の対応を取ることができます。裁判所にお願いすることにより、元夫の元に「履行勧告」がされます。書面には「このまま養育費を支払わなければ差し押さえを行います。」という文面です。勧告届けがあっても支払いを無視し続けた場合、罰則はありませんが、給料などの財産の差し押さえを行います。もし差し押さえの対応を取る場合には、養育費についての話を調停や役場などの公的機関で行い、「公正証書」にしておく必要があります。調停で話がまとまらない時がありますが、離婚後でも養育費を請求できるケースがありますのであきらめないでください。

差し押さえは行政書士などの専門家にお願いすることをおすすめします。また差し押さえ先の住所を知っておかなくてはいけないので、離婚する前は転居先の正確な住所や連絡先を必ず把握しておきましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加


このページの先頭へ