父子家庭がもらえる手当

離婚や死別により、父子家庭になった場合には条件に応じて児童扶養手当を受けることが可能です。
平成22年から父子家庭にも児童扶養手当が給付されるようになりましたが、それ以前は父子家庭に救いの手を差し伸べる制度は存在していませんでした。
母子家庭のみが児童扶養手当を受けることができていましたが、そのことは現代の家族スタイルの変化に対応していなかったのです。
所得法により父子家庭がもらえる手当の金額は異なりますが、一定の条件を満たせば受給することができます。
長引く不況や就職難などにより、雇用状況が不安定な状況が続いたので、男性だから安定した収入を得ることができるとは限らない社会になっています。
世間も父子家庭に対して理解を示したことで、新たに児童扶養手当を給付するようになったのです。
子供を健やかに育てるのに、母親か父親かで差別をするのはもはや時代に即していません。
男性の場合はプライドもあり、児童扶養手当の申請を行うことをためらいがちですが、頼ることができるものは堂々と利用してください。
お住まいの自治体の役場で申請をすることができるので、まずは自分が給付対象になるかどうかを窓口で相談し、必要な手続きを進めてください。


父子家庭の再婚の婚活
一昔前に比較して、一人親世帯はかなりの数増え、現在も増加傾向にあります。一人親世帯で悩みとなるのは、特にお子様の成長についてが多く挙げられます。中でも父子家庭で娘さんがいらっしゃるご家庭の場合、複雑な... 記事の続きはこちら


このページの先頭へ