今すぐ現金が必要な時は









電気やガスなどの公共料金は滞納してしまうと止められてしまいますが、料金を支払えば再開できます。やっかいなのは携帯電話などで、電話を止められるだけでなく、契約自体を解除されてしまい番号が変わってしまったりします。また、一度そのようなことが起こると、履歴は残ってしまいますので、あらためて携帯電話を新規契約しようとしても審査が通りにくくなってしまうということもあります。

また、公共料金にしろ、携帯電話にしろ、税金や年金にしろ、滞納すると延滞料金をとられることになります。しかも延滞した分に加えて、利息を上乗せして支払わなければなりません。その利息は15パーセントを超えるケースもあり、キャッシングなどで借り入れして支払ってしまったほうが安く済むということも珍しくありません。最近は、CMをやっているような大手のキャッシングサービスであれば低金利で安全に借りられますのでそちらを利用して支払いの遅れを防いでいる方も多いです。

滞納はさまざまな不便が出てきますし、支払総額でも不利になってしまいますので、短期間で借り入れして支払ってしまったほうが有利です。精神的にも支払いを滞らせないで、期日を守るようにしたほうがストレスもたまりません。

携帯料金が払えなかったり、家賃を滞納してしまったり、緊急にお金が必要な場面も少なくありません。

たとえば、携帯料金を滞納すると携帯が使えなくなるだけでなく、今後、新たに携帯電話の契約をしようとした時に審査に通らなくなる可能性もでてきます。家賃などについても同様です。

また、滞納した料金についても、いつかは払わなくてはいけません。滞納した分には延滞利息が上乗せされますので、通常支払う料金よりかなり多く支払う必要がでてきます。税金や健康保険料などについても延滞分には利息はかかってきますし、その率も15%を越えてくることもあります。

そんなときに便利なのがキャッシングです。テレビCMでもよく目にするような大手であれば、率として5%前後で借りれるところもありますので、滞納して延滞利息を支払うよりも、キャッシングで借りて、きちんと支払ってしまったほうが支払額としては少なくなることも珍しくありません。

多くのキャッシングでは最短で即日振込みしてもらうことも可能なので、急ぎでお金がいる事になったときに助かります。各社とも一度カードを作成してしまえば、次回以降は審査による限度額の範囲内でキャッシングカードを利用して融資を受けられます。キャッシングカードは、コンビニや銀行のATMで利用できることも多いので使いやすいです。

今すぐお金が欲しい/滞納を避けたい 母子家庭で借金を少なくしたい 家やマンションを高く売りたい


このページの先頭へ